測量設計の役割、重要性の普及、地域社会の健全な発展に貢献します。

沿革

沿革

1969(昭和44年)1月 茨測協発足(会員14社)
会長 滝田伝吉
1970(昭和45年)9月 綱紀委員会設置
1971(昭和46年)9月 社団法人化への準備はじまる
1972(昭和47年)6月
8月
社団法人認可申請
会 長 三上辰次
副会長 山口正平、関谷崇雄
1973(昭和48年)8月 事務局設置(県建設センター内)
1974(昭和49年)8月 機関誌『茨測協』創刊
1975(昭和50年)12月 不況対策特別 委員会の設置
1976(昭和51年)2月

3月

5月

5月

不況対策を知事および関係部局へ請願
全員協議会
・不況対策と低成長時代への対応策および協会組織強化案の協議
理事会
・親睦団体から脱皮し、経済団体として積極的に活動すること、
役員構成の強化などを協議
第4回定時総会
・役員改選
新会長 常井文男
副会長 外岡芳弥、蛭田年、鈴木俊之
1977(昭和52年) 12月

 

理事会・全員協議会
・全測連発足報告
1978(昭和53年)1月 理事会
・全測連出席役員選定など
1979(昭和54年)1月
2月
10周年記念誌「茨測協の10年」発行
茨城県測量業協会10周年記念式典及び祝賀会
県立リハビリテーションセンター地図製図科開設
準備金拠出
1981(昭和56年)7月 茨城県測量 業協同組合創立総会
副理事長 鈴木俊之
1983(昭和58年)7月 測量業者実態調査実施
1985(昭和60年)10月 大運動会(23社、320名参加)
1986(昭和61年)5月

8月

第14回通常総会
・役員改選
名誉会長 常井文男
会 長  外岡芳弥
副会長  (会長代理)鈴木俊之
副会長  飛田耕、関谷崇雄
協会称号を「茨城県測量設計業協会」に、協同組合を「茨城県測量設計業協同組合」と改称
1987(昭和62年)6月 部会制研究会を発足
1988(昭和63年)5月

9月

11月

第16回通常総会
名誉会長 常井文男
相談役  外岡芳弥
会 長  鈴木俊之
副会長  関谷崇雄、中島鋭
20周年記念行事の委員会発足
会館建設実行委員会
1989(平成元年)8月
12月
設計会館竣工祝賀会
創立20周年記念誌発行(1,000部)
1991(平成3年) 6月
~7月
経緯度標設置及び測量 体験学習県内小学校10校にて実施
1992(平成4年) 9月 1都8県測協役員代表者会議
大会テーマ:地域環境を大切にする測量設計をめざ して
参加者:来賓77名、都県測協63名、茨測協65名
1993(平成5年) 10月 北関東3県測協連絡会儀
参加者:群馬県5名、栃木県8名、茨城県8名
議題:北関東自動車道建設事業に関する情報交換
1995(平成7年) 10月 大韓民国測量 事情調査
1998(平成10年)1月 創立30周年記念式典
記念誌の編集
2000(平成12年)4月 ホームページ開設
2001(平成13年) 5月
8月
国土交通省総合政策局長表彰を受賞(業界初受賞)
技術委員会 測地成果2000部会
測地成果2000のパンフレットについて
2002(平成14年)11月 県民無料測量設計相談所の開設
場所:測量設計会館
2003(平成15年)10月 独占禁止法遵守講習会
場所:市町村会館
2004(平成16年)  5月  「地方自治の現状と展望」e-Japan講演会
場所:水戸京成ホテル
講演:「電子自治体の現状と展望」
2006(平成18年) 4月

6月

用地測量作業マニュアル改訂版発行に伴う説明会
場所:常陽芸文センター (250名参加)
インドネシアジャワ島中部地震義捐金贈呈
84,092円を日本赤十字社茨城県支部に寄贈
2007(平成19年) 5月 1級水準測量完了報告会
1級水準測量成果報告書の公表及び配布
茨城県知事から感謝状授与
2008(平成20年) 4月 地理情報標準(JPJIS)の概要研修会(70名参加)

 

お気軽にお問い合わせください TEL 029-254-8200 受付時間 8:30- 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP